スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問いかけ。
読んでくださっている皆さん

どうか、私に答えをください。

クリックで応援してください↓


... Read more ▼
私が前のブログを始めたのが約4年前。

そして私は、別れて逢えなくなってしまった当時の元彼と
再会して自分の後悔を謝罪して前に進もうと
毎日過ごす中での心の内をブログに書きつづっていました。

私が、彼にした事や言った事
彼が、私にしてくれた事や言ってくれた事
それを忘れないために。

そして私は、いつしかたくさんの読者の方に支えられ
彼との再会を果たす事ができました。
会えただけで十分だった。

そんな私を、本当にたくさんの人が応援してくれていました。
顔も知らない、性別も年代もバラバラの人たちが
みんなみんな応援してくれていた。
本当にありがたいと感じる毎日でした。

あの頃の私は、もう失うものはないと
ただ前を向くことしか知りませんでした。

だけどそんな、ひたすら前を向き続ける私でなければ
否定されてしまうのでしょうか。


以前のブログでも、その人に再会を話した後
ここに度々出てくる『彼』と出逢い、そのことを書くようになりました。

あの頃も、応援してくださる方と、私を想い厳しい事を言ってくださる方
そして一方でひどい言葉をぶつけていく人がいました。


何だか最近、あの頃を思い出します。


何も失うものはない
私はただ、前に進めばいい
そう思っていた頃と、今とでは大きく違うことがある。

それは、関わった人があまりにも多すぎたということ
私も彼も、体調を崩すほど精神的に大きなダメージを受け続けていたこと
結婚だとか戸籍だとか、単なる恋愛レベルじゃどうしようもない話が
たくさんたくさん出てきたこと
それを私の心だけのために、再び蒸し返すようなことはできない、
と今思うのです。

逢うだけで、決して元に戻るわけじゃないとはいっても
私の存在が目の前にあることで、
つらい記憶を思い出させてしまうかもしれないと思う。

彼にも、彼の家族にも何の非もありませんでした。
明らかに私側の問題が、彼や彼の家族を傷つける原因でした。
その根本は、解決なんてしていません。
今でも、母とこの件で話すことは許されていません。
父との和解で勇気をもらって、母に対して切り出そうとしたけど
聞いてもらえないまま。

私が逢わないべきだと思っているのは
自分が今より傷つかないためではありません。
だってもうこれ以上、傷つきようがないもの。
同じ傷を何度もえぐられているような感覚はあるけれど
その傷が深くなることも、新たな傷が増えることもないんじゃないかと。

今より幸せになるため…
それも何だか違う気がします。

ただ1つ言える事は
大切な人と、大切な人の家族をもう傷つけたくない。
あの涙も、無理して笑う姿も、疲弊しきった背中も
もう2度と見たくないし、
もう2度とそんな想いをさせてはならないと思う


だったらつべこべ言わずに前を向けばいいと仰る方もいるでしょう。
私もできるならばそうしたい。
でも、どうしても引っかかったまま。


傷つくのが嫌で逢いにいけないのとは違うと私は思っているけれど
そうではないのでしょうか。
やっぱり、自分がかわいくて大事だから、一歩が踏み出せないんでしょうか。


宏樹のことは、本当に大好きでした。
『彼』と別れてから何となく恋愛に対して臆病で億劫だった私が
素直に思ったことをちゃんと伝えていこうと思えた人。
利用しようなんて思ったこともありません。

この事とは全く関係ない、遠距離とも全く関係ない事が理由で
私は彼との事を終わりにする手筈を考え始めています。
修復できるものならそうしたい。
だけどきっと、解決しない。

私の人生は私が決めること。
それもよくわかっています。

わかった上で、あえてみなさんに聞いてみたい。


あなたが私なら、どうしますか?
大切な人たちを傷つけた記憶がまだ残る中
それでもあなたは、『彼』に逢いに行きますか?

再び傷つけるかもしれないという覚悟を持って
なりふり構わず逢いに行けますか?

自分さえ良ければ本当にそれでいいのですか?

自分の心に区切りをつけるためには
誰かを悲しませることになっても
ただ前を向いていることが正しいのですか?

心の中で葛藤を抱えたまま
それでもどうにかして自分で解決しなければと
そう思う事はおかしなことですか?


誰か私に、教えてください。


テーマ : どうしたらいいの?
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
難しいね。
私なら・・・連絡をとってみて彼が会ってくれると言ってくれたら
会いにいくかも。
結愛ちゃん、名前もずっと大切にしてるでしょう?
会えるなら会いにいったほうがいいよ。

でもやっぱり最後に決めるのは結愛ちゃんやけどね。
応援してます。どんな結果になっても。


No title
こんにちは。

結愛さんの心の叫びのような言葉に、本当に胸が痛くて・・・でも、結愛さんはもっともっと血を吐くような思いをされたんだなと思うと、安易に「彼」さんにあってみられたら・・・なんて言ってしまったことを後悔しました。

私が知りえることはほんの一部でしかないと思うけど、それでもご両家の間でいろいろなことがおありだったんですね・・・

本人同士だけでも辛いことや言葉で言い尽くせないことはたくさんあるのに、そこにお家の問題もはいってくると・・・正直どうしたら結愛さんが一番幸せになれるのだろう・・・と考えて、答えが容易に見つからないような気さえします・・・

私は宏樹さんとのこと、決して心の逃げ場やら恋愛ごっこなんて思わなかったですよ。
このブログでしか知りあってないけれど、結愛さんがどんなにいろいろな思いを逡巡させて、宏樹さんと1歩を踏み出されたかは、私なりに理解しているつもりです(*^_^*)
前彼さんのことがあって、宏樹さんが初めて結愛さんのおうちを訪ねられた時なんか、本当に心から嬉しいと思えましたもの。

その時その時を、私は結愛さんは本当に誠実に一生懸命生きてられるなといつも感心して、励まされて、そして応援してきました。

人には時にはどんなに想っても叶わないときもあったり、どんなに想っても再び出会うことが叶わない人もいると思うんです。

私だったら・・・・考えてみました。

私だったら、周囲の環境が「彼」さんとやり直すのに、少しでも光明が見えるなら・・なにか環境を変えることができる可能性が少しでも見えるのなら・・・会いに行くことを考えてみると思います。

でも、全くお二人をとりまく環境が以前と変わる可能性がないなら・・・それを変えることが不可能なことならば、やっと貼ったかさぶたをはがす勇気はないです。

結愛さんになにかしてあげたいってすごく思うのに、なにもできない自分が悔しいですよ・・・

せめて結愛さんが心の赴く方向に進むことができますように・・結愛さんの幸せを心から祈ってます。

結愛サンの中で、「答え」は既に決まってるんです
今はそれに気付かないでいるのか、気付かないふりをしているのかはわかりません

ネット上という繋がりだけしかない人にとっては
今置かれている結愛サンの心理的状況だとか
宏樹サンとの関係が崩れた原因とか
いまいち掴むことができないのは事実です
だからこそ、色んな見方が出てきてしまう


ただ、結愛サンのブログを見ている様々な方から、様々な意見を伺い
それでもなお、自分の考えと変わらない部分があれば
もしかしたら、それが探していた答えなのかもしれません


結愛サンの中で、はっきりと納得できる答えが見つかりますように
祈っています
何回も 読ませていただきました
もう少し、考えてから、もう一度 コメントさせてほしいのだけど、ひとつだけ、伝えたくて。
結愛さんが、変わったのと同じく、彼も、変わってる。
ってことを。
No title
結愛ちゃんの心の叫びがとても苦しいです。

ご両親のこと、彼のこと、昔聞いたことがあるので私には何も言えません。
それぞれの苦しみがあって悲しみがあってそれを乗り越えての今だと思いますから。
その全てを背負っているからこそ、会えないんでしょうし、会いたくても会ってはいけないと思うのでしょうし。

ただ、もし私だとしたら、私はとても弱い人間で、他人の苦しみがわかっていても自分の想いを優先してしまうだろうと思います。
だから彼にも自分様だって言われるんでしょうし。
会ったらお互いが傷つく、他人も傷つくと思ったとしても、自分の気持ちを納得させる為に会ってしまうと思います。
本当に終わらせたほうがいいんだと自分で納得しない限り本当の意味の終止符は打てないような気がします。
これはあくまでも私の場合、です。

他の方も言ってたような気がしますが、縁があれば必ずどこかで又出会えると思います。

昔、知り合いに私が言われた言葉を送ります。

「迷った時は流れに自然に身を任せなさい。
そうすれば辿りつくべき答えに必ず辿りつくだろうから。
それでも辿りつけなければ私が背中を押してあげる。」

ここではあまり表現されていませんが、他の人の気持ちを思い遣り暖かく見守ることが出来る結愛ちゃんのことが私は大好きです。


あたしは
会うべきだと思います。

この再会は
傷つけるばかりじゃないかもしれない。

もしかしたら
会う事こそ前を向く事に
なるかもしれないから。

あたしは未だ
前の彼氏さんにただ会いたいです。
No title
結愛ちゃんにとって彼の存在がどれだけ大きいか。

それはここはもちろん、
実際ご縁あって結愛ちゃんと直接話す中で、
実際彼のことを知らなくても
嫌と言うほどわかります。

だからこそ、そのつもりはなくても
やはり誰といてもその面影を探してしまうこと
それを責める資格はあたしにはない。
そして、いろいろ話を聴き、
そして、この文章を読んだ以上、
無条件に無責任に彼に会いに行けとは絶対にいえない。

あたしは、ここのブログで言うところの「あの人」的な性格の
元相方をどうしても切り捨てられない弱さがあるから
人にそんなえらそうに言える立場じゃない。

いつだったか、私との交換日記(笑)の中で、結愛ちゃんはこういいましたね。

あることを成し遂げて、
彼と付き合っていた頃の自分に戻れたら、会いに行こうかな、と。

その「あること」を成し遂げるには相当な月日と根気が必要だから、
そこにたどり着いたとき、それでも彼への気持ちが消えてなかったら
会いに行くのもひとつの手段だ、と私は思いました。

よりをもどすとかではなく、
二人が気持ち新たに、スタートするための手段だと。

だから、無理に会いに行くのではなく
お互いが会いたいと思ったタイミングがあったときか、
考えに考え抜いてそれでもやっぱり気持ちは消えないと思ったら
そのときはやっぱり会うべきだと思います。


元彼さんの事については曖昧なことしかいえませんが、


これだけははっきりいえます。

宏樹くんが、今のまま変わらないなら
きっぱりけりをつけて「よそ見」をするべきだ、と。

結愛ちゃんが彼を好きなのはわかってる。
彼も彼なりに結愛ちゃんを愛してくれているんだろう。

でも、両方を知っている者として。

今の宏樹くんじゃ、崩れそうになってる結愛ちゃんを支えられない、
実際、何の手も差し伸べられていないから。


元彼がどうのこうのじゃなく、
結愛ちゃんの心がこれ以上崩れてしまわないためにも、
不確かな関係を続けるなら
今いる土地で、結愛ちゃんを支えてくれる存在を探したほうがいいと思います。


長々と、失礼しました。
No title
こんにちは。

難しいなぁと思いました。
結愛ちゃんの記事を何回も読みながら、考えてみました。

すごく見当違いのことを言ってたらごめんなさい。

私の考え付く行動は、
①お母さんの理解を得る努力を続ける。お父さんが理解を示してくれたようにいつか理解してくれるかもしれないと思うのです。(相手を傷つけた原因をなくす努力をする。それでなかったことにはならないけど、同じ悲しみを繰り返すことはないと思うのです)
②彼に連絡を取り続けて、様子をみる。

私は短期集中より長期戦タイプなので、「今すぐ会う」か「ずっと会わない」かではなくて、「いつか会う」ことを念頭に動くかな、と思います。
絶対に会わないというと自分の仲の「会いたい」気持ちを押し殺してしんどいだろうと思うので、「いつか会おう」って考えで、心の安定をはかる。

相手に恋愛感情を超えた想いがあるなら尚更、時間をかけていける気がします。
恋愛感情だと、相手に彼女が出来たらどうしようとか思っていてもたってもいられなくなるし、自分の次の恋愛もままならなくなるから時間をかけることはできないだろうけども。
恋愛を越えた、人としてとても大切にしようと思う人たちだったら、たまに連絡を取り、お互いの状況を報告しあって、今度こそ誰かを傷つけることなく再会できるように頑張ってみるような気がします。何年も何年もかかるかもしれないけれどね。
連絡を取り合うことで、彼の周囲の人たちも彼を通して、会えなくても結愛ちゃんが元気で頑張ってることを知っていけると思うし。
もし、結果的に会えなくても、誰も傷つけないための行動は無駄ではないと思うのです。

文面では計り知れないいろいろな事情があり、物事は時間とともに流れていってるのだと思います。
でも、結愛ちゃんに幸あれ、と応援しています。
No title
すみません、初投稿します。途中からしか読んでないので偉そうなことは言えませんが…

もしも私が結愛さんだったら…と考えてみましたが、やはり私は、結愛さんがしたいようにするっていうのが1番だとは思います。
辛いことをいうかもしれませんが、結愛さんの中では「こうしたい」というのがある程度決まってると私も思います。

詳しい事情は呑み込めてない部分があるかもしれないので、簡単に物事をとらえ過ぎてるからこんなことがいえてしまうかもしれませんが、彼が結愛さんと別れた…というよりも別れなければならなかった理由は、家族の縁を切ってほしくなかったから…でしたよね??
彼と会うならば、そこの問題はとても大きな壁かもしれませんが、心が折れそうになっても、お母様とお話したほうが良いと思います。もちろん、お母様が聞いてくれるかはわかりませんが、直接でも、手紙でも…。
自分が信じていれば、周りが分かってくれると私は思ってます。本人に伝えたい気持ちがあれば、頑張ってれば周りの人が気づいてくれたり、私はそういう感じの時期があったので…
宏樹さんとのことは、結愛さんが終わりにしようと思うなら終わりにすると良いし、宏樹さんと築いた関係も、いつかは良い思い出になると思います。
逃げ道でもなんでもないですよ。いつか先の未来で、つらかったことや悲しかったことは、今へのプロセスなんだと思える日が来ると思います。

結愛さんの人生ですから、結愛さんが信じたい道を進んでください。
どんな結果が待っていても、いつか笑える日がくると私は思ってるので、自分をもっと信じてあげてください。

本当に偉そうなこと言ってすみません;;
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。