スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫉妬で激怒。
あれはお盆に入る少し前。

定期的に、仲良しグループ的なやつの飲み会をやるんだけど
その日はメンバーの中の一番イケメンくんが酔っ払って大変な事になりました。

たしかに以前本人から言われたんだけど
イケメンくん酔っ払うと面倒見てくれてる人にベタベタする癖があるんだって。

だけどそんな事は関係ないくらい本当酔っ払って吐いちゃったりなんかして
でもみんな全然面倒見ないから私が面倒を見ていた。

一次会のお店を出る頃にはもうみんな先に行ってしまっていて
残されたのは私とイケメンくん。
エレベーターの中でイケメンくんはフラフラしながら私と手を繋いで
ヘラヘラ笑ってるし。

二次会、哲哉くんのいるお店なんだけど…
哲哉くんを怒らせたりしたくないからって、この人放置なんてできないよ(泣)

応援してください☆

... Read more ▼
お店に着いて、とりあえず奥のソファの席にイケメンくんを連れて行って座らせて
水を飲ませたりうちわで扇いだり話を聞いたり。
うまく歩けないイケメンくんを支えながらトイレに連れて行ったり
ちゃんと喋れてないから耳近づけて話聞いたり。

酔いつぶれそうな友達を助ける事は間違ってなんかない。
いくらなんでもこれは哲哉くんだって理解してくれるんじゃないかって思った。
私が面倒見なかったらきっと誰も面倒みないし。

途中でミカちゃんが
「あんたヤバいんじゃないの?」
と言ってくれて、哲哉くんの方を見ると
すぐさま目を逸らされて、一緒に飲んでた若い女の子2人と
ゲームして焼酎一気飲みを始めた。
妙なノリっていうかテンションですごい勢いで飲んでるし。

私はその横を、イケメンくん連れて再びトイレへ。

その時、私は哲哉くんから腕を掴まれて
無理やりそのゲームに参加させられた。
その上、私が負けた時だけものすごい強い態度で飲ませようとしたり
自分が負けた分まで私に飲ませようとしたり。
(もちろん拒否って結局哲哉くんが飲んだけれど)

これは結構マズイなぁ…。

そんなこんなで飲み会はお開きに。
一部のメンバーだけ残ってそのまま飲み会をする事に。

その中の1人のタバコが切れて、
哲哉くんが買いに行く事になったんだけど
私の髪の毛を撫でながら目で合図してきた。

私は哲哉くんの後を追いかけて、2人でコンビニまでタバコを買いに行く事になった。
ついてきた私に気づくと、哲哉くんは私の頭を数回ポンポンってした。

だけど。

店を出て数十メートル歩いたところで
急に哲哉くんはこんな事を言い出した。
「っつーかマジでこの浮気女がー
好きなら好きってハッキリ言いやがればーか。」

「はぁ?何言ってんの?」
「何が?わかんないの?自覚ないの?最低だマジで。」
「友達が酔っ払ってて面倒見るのは間違ってる?」
「うるさいうるさい!言い訳以外言う事ないの?」
「言い訳とかじゃなくて…」
「うるさいって。おまえすぐ浮気するもんなぁ!
もう勝手にすればいい!」

「またそんな事言うん!?
私は間違った事なんてしてない!
友達をあのまま放置なんてできないもん!
何がそんなに気に食わんの!?」

「一々何が悪いとか言ってられるか!
そのくらい自分で気付けよ!」

「言ってくれなきゃわかんない事だってあるんだよ!」
「おまえは言われなきゃわかんないバカって事?」

私たちは夜中の繁華街の通りを、大声で喧嘩しながら歩き続ける。
そうこうしているうちに目的地のコンビニに到着。

酔っ払って真っ直ぐ歩けなくなり始めた哲哉くんのポケットから
千円札を取り出してタバコを買う。
哲哉くんは私につかまりながらフラフラしている。
そうしてボソボソと不満を繰り返す。

そんな時お店のスタッフのNくんが偶然コンビニにやってきた。
「あらら(笑)哲哉さん酔っ払いですかぁ?(笑)
ていうか結愛さん、出張からお帰りなさい♪」

「ただいま♪ありがと。」
「何だよおい、Nさんと俺に対する態度が違う!」
「またそういう事を…」
「じゃあ結愛ちゃんお帰りー♪」
「じゃあって何、いまさら」
「ほら出た!差別だ差別!」

哲哉くんがまたこんな事を言い始めて、私たちはコンビニを出て店へ戻る。
何だかもう私がイライラしてしまって、
哲哉くんの面倒を見る気が失せて先を歩く。
後ろからNくんが色々と話しかけてくれて
それは普通に応じる事できるんだけど
哲哉くんも何事もなかったかのようにヘラヘラ話しかけてくるから
私は更にイライラしてしまってぶっきらぼうに返事をし続けた。

「ほらね!おまえやっぱりそうなんだよ!
マジでふざけんなよ!もう知らん!」

「それはこっちのセリフでしょ!
いい大人がそんな酔っ払い方するなんて
大体言ってる事ちょっとおかしいんじゃないの!?」


私が哲哉くんにここまで言った事なんてなくて
哲哉くんはビックリしたような怒ったような何ともいえない表情を浮かべて
私とNくんを残して先に早歩きで店へ戻ってしまった。



テーマ : わぁ~んヽ(;´Д`)ノ
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。