スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
となり。
仲直りから数日後。

この日は仲良し女の子で飲み会
その後ボーリング
そして再び飲み会

…の後にようやく辿り着いたのが
哲哉くんの働くお店です(笑)

応援してください☆

... Read more ▼

もう結構飲んだ後だから軽ーくのつもりが
行ったら団体のお客さん1組だけで(まぁ平日だしね)
しかもその人たちもしばらくして帰ってしまった。

Hさんはお金の計算やら何やらで忙しそう。
というわけで、私たち4人と哲哉くん、Nくんで飲む事に。

というか明らかに…哲哉くん随分酔っ払ってる気が。
まぁ哲哉くんはたまにある事だけれど
普段全く酔ったところを見せないNくんの表情が…w

「あれ?Nくん今日結構飲んだの?」
「何を言ってるんだね君は(-_-)」
「あははは!超酔っ払ってるねー」
「酔っ払いで悪いか(-_-)」
「何、2人して酔っ払い?」
「もう俺たちはいい感じでいい感じで仕方ないっすねぇ、Nさん」
「そう、酔っ払い。
あれ?結愛さん酔いが足りないんじゃないですか?(笑)」

「ちょっと!あたし以外にも言ってよそれ!」

そんなこんなで結局哲哉くんからひたすら飲まされて
閉店時刻にはもうフラフラしてしまって真っ直ぐ立てなくなった。

ミカちゃん、私が哲哉くんと一緒に帰るかもしれない事を見越して
いつもさらっと帰ってしまう。
この日もミカちゃんは他2人を連れて先に帰ってしまった。
Hさんも次の約束があるらしくて、哲哉くんとNくんに後片付けを頼むと
「結愛ちゃんまたねー!つかちゃんと帰れよ(笑)」
と言いながら帰っていった。

私はギリギリ1人で歩けるかどうかの状態で
お店の出口までは何とか行けて、1人で帰ろうかなと思ってたんだけど
その姿を見た哲哉くんが
「仕方ねーなぁ、俺が連れて帰ってやるよ(笑)」
なんて言いながら私の手を掴んだ。
他の誰かがいるところで、手を繋ぐなんて初めての事。
いくら酔っ払ってるとは言っても、この時の事はしっかり覚えてる。

「じゃあNさん、俺結愛ちゃん連れて帰るんで。」
「あぁ。結愛さん、気をつけて♪」

そんな感じで私たちはNくんと別れ、私のうちの方向へ歩き出す。

私の右手を、哲哉くんの大きな左手が握ってくれてて
いつもよりゆっくり歩いてくれる。
普段は結構大股歩きで私ついてけない事があるんだけど。
隣で哲哉くん
「酔っ払いが(笑)ウケるwww」
なんて、私を見ながらケラケラ笑って面白そう。
「面白くない(-_-)
マジで誰のせいと思っとるとぉ。」

「自分が飲むからやん(笑)
結愛ちゃん素直すぎるー♪」

「あんたが飲ませるからやろぉ。
飲まんやったらどうせ文句言うやん。」

「飲めるくせに飲まないやつには俺厳しいの。」

そんな会話をしながら歩いてたら、
どこかのお店のキャッチ?の人たちがいて哲哉くんと挨拶を交わしていた。
「お疲れさまです!」
「あぁどうも、お疲れです!」
この時も、私の手を離さないでいてくれた。

そういえば。
お店のみんなにはもう、知れた関係だけど
この前別のお店の人たちも知っていた。
私たちの関係。

いいんだろうか。
夜の仕事をする人が、こんなに堂々としちゃってて。
すぐ噂になって、変な事言われなきゃいいんだけど。

前に哲哉くんが教えてくれた、
地元のキャバ嬢さんたちが集う掲示板みたいなとこがあって
すぐにいろんな事書かれちゃうんだよね。
実際私の知っている人の事も書かれてた。
内容も良い事から悪い事まで。
誰某の彼女はあの人だ、とか。

でも。
私も哲哉くんもいずれ、この街からいなくなる人間。
せめて一緒にいられる間は、その時間を大切にさせて欲しい。

あの一件のまま、切れていたかもしれない縁だもの。
こうして再びとなりに彼がいる事に感謝したい。

「結愛ちゃん、今日は珍しく女の子ばっかりだったね(-_-)
いっつもそうならいいのに。
じゃあね、俺も帰って少しは寝ないともう体持たないわ…」

そう言って彼は私を軽く抱きしめた後頬にキスして
2~3回頭をポンポンってすると、手を振って帰って行った。

結局彼に鍵まで開けてもらってどうにか家に帰れたけれど
しばらくバカ飲みは自粛だわ…。
もう若い頃みたいに飲めなくなってきました。


テーマ : (*´ェ`*) キュン。
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
>>鍵コメMさんへ
了解しました。ありがとうございます。
Re: タイトルなし
>>鍵コメKさんへ
昨日はどうも。
表に出す部分とあたしの前だけの部分とがあって
いろんな感情が周りに伝わらずなところもあるけれど。
あたしはその両方を見てきちんと判断したいなと思ってるので…
これからをしっかり見ていきたいと思います。
プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。