スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたじゃなきゃ。
☆前回の続きです☆

飲み会は大盛り上がりで(後から来たお客さんとも一緒に騒いだしw)
お店はいつも以上に悲惨な状況になった^^;

私も相当量飲んだけれど意外と平気で
みんなの代わりと言ってはなんだけどやらかした罪滅ぼしも兼ねて
いつも以上にお手伝い。

今日は頑張った!って事で
上機嫌だったHさんのおごりで朝ごはんを食べに行く事に。

メンバーはHさん、Nくん、哲哉くん、私の4人。
(あれ?私はここにいていいの???と思ったけれど
お言葉に甘えてついていく事にしちゃった。)

クリックで応援してください↓

... Read more ▼
この4人で歩くなんて初めてだ。
先頭をHさんが歩いて、そのすぐ斜め後ろに哲哉くんがいて
私とNくんがその更に後ろ。

お店を出てしばらく行ったあたり、それは突然だった。

Nくんの左手が、私の右手首のあたりを掴んだ。
私はビックリして思わずその握られた場所に目をやって
それから右にいるNくんの表情を見ると、
真顔でこっちを見てたのに、ちょっとしたら前を見て歩き始めた。

それはまるで、離れるなよ、心配させるなよって言ってるみたいな行動で。
そしてやっぱりNくんは車道側を歩いている。

あぁ、こうやって守ろうとしてくれる人がいつもそばにいてくれたらなぁと思う。

同時に私は、哲哉くんに見られるんじゃないかってヒヤヒヤした気持ちでいた。
かと言ってNくんの手を振り払う事もせず、妙な緊張感の中にいた。

Nくんとの「手繋ぎ」はそれからしばらく続いたのだけど
曲がり角に差し掛かったあたりでちょうど通りの反対側を歩いていた女性の集団と、
Hさんが言葉を交わし始めた。
どこかのクラブのママとホステスさんたち。
私は見た事なかったけれど、たまにお店に来る人たちらしくて
哲哉くんは知ってるみたいだった。
さっきまで思いっきりラフな喋り方してたのに、
急にスイッチが入ったみたいな挨拶の仕方をした。
そしてNくんはあくまでも自然に私の手を放した。

彼らがあのお店で見せている姿が、仕事用なのだと改めて認識した瞬間。

夜の世界って特殊なところで、
擬似恋愛だとか色恋なんかが商売になるところだと思う。

キャバクラとかホスクラとかは当然そうだし
バーのようなところにおいても、
現実世界とは一歩隔てられたところで
店員さんとお客さんとのやり取りがあったりする。

私は、そういうところに入り込んでるんだ…

道を挟んでの会話を終えて、再び歩き出す。
その後はNくんに手を掴まれる事もなく、きっと哲哉くんも気付かないまま。

たまにNくんと朝ご飯を食べにいく某店に着いて、
私は哲哉くんとNくんの間に座らされた。

その時電話が鳴った。ミカちゃんだった。
私は席を外して電話に出る。
そしてその電話でミカちゃんからこんな事を言われた。

「翔子からさっき聞いたんだけどさ
哲哉、翔子に結愛ちゃんの事色々と聞かれて
『すごく大切で、信頼してる人』って言ってたらしいよ。」


信頼…哲哉くん、私を信頼してるって…
あんなにも、頑なに人を信じないと言い切っている彼が?
本当は私の事を信頼してくれているのかな?

私、彼との関係を終わりにしようって思ってたのに。
彼は、そんな私の心の変化にきっと気付いてたはず。
だとしたら、どんなに不安な気持ちにさせたんだろう。
そしてそれでも、信頼してる人って言った彼の気持ちはどれだけのものだろう。

プライドの高い彼だから、本音を言えずにあくまでも強気に気丈に振舞って
話をさせてくれなかった気がしたのは、彼の必死の抵抗だったのかな。
それとも、彼も怖かったからなのかな。

やっぱり逃げてたのは私の方なんだ。

彼の気持ちは今もブレていないのかもしれないな。
私が迷い、悩み、これからの事を決めあぐねていたのは
何より私の心が弱かったからなのかもしれない。

ねぇ、哲哉くん

ごめんね。
上手く愛せなくてごめんね。
大人になりきれてない、弱い私でごめんね。

私、やっぱり必死に追いかけるような恋愛は出来そうもないんだ。
それは哲哉くんだからじゃなくてきっと誰が相手であっても。




だけどさ。



もう少しだけ、あと少しだけでいい
この気持ちを見つめ直して、
この街で哲哉くんと過ごす時間を大切にしたい。
そういう、前向きな気持ちでいたい。

今更かもしれないけど私、やっぱりまだあなたの事が好きなんだ。
好きかどうか、それすら迷ってたけれど
たとえ燃え上がるような情熱がなくったって
冷静に、静かに、心穏やかに想う気持ち

今この瞬間、それはやっぱりあなたじゃなきゃダメなのかもしれない。


テーマ : 大切な人。
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。