スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再スタート。
☆前回の続きです☆

Hさんは自分の分が終わると支払だけしてすぐに帰ってしまって
Nくんはあまりにも飲みすぎて気持ち悪くなって帰ってしまって
結果的に私と哲哉くん、2人が残った。

ほどなくして私たちは店の外に出たのだけど
この日の朝はちょっと寒かった。

クリックで応援してください↓

... Read more ▼
どちらからともなく、翔子ちゃんとかみんなの話になって
私が、すっごい絡んでたね、楽しそうだったと言ったら哲哉くん、
「だからあれが俺の仕事用の顔だって(笑)もういい加減わかるだろ」
って呆れたみたいに笑いながら言った。

たしかに私と2人の時は、あんな笑顔見せないし
あんなテンションになる事なんてない。
最初はそれに戸惑ったりもしたけれど
時間の経過と共にそれが納得できるようになった。
あぁ、私の前では本当の姿なんだなって。

彼がやってる仕事は、ある意味演じてなきゃできない部分ってあると思うの。
仕事中はもちろん、仕事の外でも常に監視の中にいるみたいな感じ。
普通なら単なるお客さんだけど、夜の世界ではお客さんの大半が同業者。
仕事じゃない時だって、いつ誰にどんなふうに見られてるかわからない。
笑いや喧騒の中にも、常に緊張感はあると思うんだ。

「俺がもし、ああいうふうに結愛ちゃんに話しかけるようになったら
それはもう仕事だと割り切ってやってるって事
俺が結愛ちゃんの前でこういう感じなのは、そういう事なんだよ。」

「そういう事って?」
「結愛ちゃんには、素で接してるって事。
自分を作らなくていい存在だって事。」

「…好きって事?」

そしたら哲哉くん、何も言わずに私の顔見ながら目を細めてニヤって笑う。
この笑い方する時って、照れてる証拠なんだ。

そしてしばらくの間があった後で
「ばーか。」
って言いながら私の頭をクシャクシャってした。

「乱れるやん!!!」
「元から崩れまくってるだろw」
「うるさいー!」
「あはははははっ!!!」

哲哉くんが、私のそばでこうして声をあげて笑うの、久しぶりに聞いた。

こういう幸せの感じ方もあるじゃない。
どうしようもないほどに心を揺さ振られたり、どうしようもない衝動に駆られたり
それだけが恋愛じゃないはず。

小さな事、見落としがちな事
そういうものとちゃんと向き合って、もう一度頑張ってみようかなって思えた。

「明日起こして?」
「何時?」
「9時。」
「無理w私寝てるわ、その時間。」
「無理じゃねーよ!
明日俺が寝坊したらおまえのせいにしてやる」

「子どもじゃないんだから自分で起きなさぁい(笑)」
「いや絶対起こせ!!!
無理だ、俺起きれる訳がない!!!
俺が頑張るときにはお前も頑張ろう、な?」

「さすがに都合良過ぎるでしょ(-_-)」

再び哲哉くんは大声で楽しそうに笑う。
冷え込む朝の、人もまばらな路上に、私たちの声だけが聞こえる。

彼は私を送り届け終えると
「9時だよ、9時。
ちゃんと電話して起こしてね。」

再びそんな事を繰り返すと、2回私の頭をぽんぽんってして
「じゃあね。」
そう言って手を一度上げて帰りはじめた。


10m近く離れていった時、彼は振り返って後ろ向きに歩きながら
「結愛ちゃん…俺の気持ちは何にもかわってねーからな!」
そんな事を言って照れ笑いして、
私の返事を何も聞かないまま去って行った。


もう終わりにしよう。
その言葉を飲み込む決意をしたのは私自身。

いろんな事があるよ。
彼との事だけに集中してられる訳じゃない。
この街で過ごす時間が短くなればなるほど
仕事の事も、友達との事も、たくさんたくさん
自分の中でやっておかなければいけない事が増える。
遣り残したくはないから。

もしかしたら、やっぱり別れた方がと思う日が来るのかもしれない。
それでも今は、もう一度って思う。

だから思いつめずに、マイペースでゆっくりと。
もう一度だけ、行けるところまで
彼との関係に向き合ってみたいと思った

ようやく冬の訪れを感じられるほどに寒くなり始めた、日曜日の朝の事。


テーマ : 素直な気持ち
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

それでいいんじゃないかなぁと思います(o'∀'o)

>どうしようもないほどに心を揺さ振られたり、
>どうしようもない衝動に駆られたり
>それだけが恋愛じゃないはず。

うん。それだけが恋愛だったら、ドラマしか出来ないよ~。私には絶対無理(笑)。

なんだかガチンコ勝負のような向き合い方をしてしまうような気がするので、頑張り過ぎないように、楽な感じで哲哉くんとの時間をすごしてください。ガチンコもいいけど、ずっとそれじゃ疲れちゃうかなぁ、と。
そうしたら「別れ」とはまた違った形の未来だって待ってるような気がします。
>>ちよちゃんへ
これでいいのかはまだわからないよ。
誰に相談しても、さよならした方がいいんじゃないって言われてきたし。

あたしはちよちゃんの言うドラマみたいな恋愛ばっかりだったみたいだから(自分にはそういう自覚はなかったけど)
今みたいな感情がいまいちよくわからないの。

私たちは必ずいつかさよならする日が来るんだ。
それは私が思い込んでるわけじゃなくて、彼も同じように思ってます。
残念だけどね。
言い方悪くてごめんなさい。
良いか悪いかということは物事を見てる立場や時間で違ってくるだろうし、周りのために恋愛するんじゃないんだろうから、結愛ちゃんがこれで進もうかって決めれたらなら、今はそれがいいのかなぁと思いました。

ごめんなさい。
>>ちよちゃん
あぁ、そういうつもりで書いたんじゃないから謝らなくてもいいよ。

何が良いとか悪いとか、正しいとか正しくないとか、そんなものは存在してないんだと思ってます。
その瞬間に、誰がそこに関わっているか、そういう物事で状況は刻一刻と変化するから。
だから今は自分が思うままに進むことしかできません。

残された時間が少ない分、私は真剣に向き合っていきたいと思う。
いつでも逢える、気が向いた時に連絡が取れる、そういう単純な関係じゃないから…。
先があると思えてれば、ゆっくりやってけるんだろうけど、今は私なりのペースで、でも一生懸命にやっていきたいなって思うのです。
プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。