スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パニック。
翌日から私は、心の中に次々と生まれる葛藤と戦う事になった。

哲哉くんとの関係を大切にしようと
穏やかな気持ちで再スタートを切ってからまだそんなに日は経ってないのに。
哲哉くんへの気持ちが変わった訳じゃないと思う。
きっとそこは変わっていない。
でも、急激な変化は哲哉くんの事を考える余裕すら与えてくれないほどの影響力で
私の頭の中も心の中も支配してしまっていた。

慶ちゃんは、『彼』じゃない。
似てるだけ。大切な友達なんだ。
そして何より、慶ちゃんは奥さんを心から愛してる。

そんなふうに何度言い聞かせたかわからない。

クリックで応援してください↓

... Read more ▼

目の前にいるのは、守るべき人がいる別人なのに。
整理したはずの気持ちと記憶が、ものすごい勢いで逆流してくる感じ。

私は、意味のわからないこの感情を、どうしたら鎮める事ができるのか必死に考えた。
考えて考えて、頭がパンクしそうだった。
思いつめて思いつめて泣いて
軽くパニックまで起こして、
昔のケータイに今も残る運命の人の写真とか
誕生日にもらった手紙とかを見ながら
私はそれを抱きしめてひたすら思いつめることしかできなかった。

この日ミカちゃんから、Kさんのお店にご飯食べに行こうと誘われていたから
私は意を決して彼女に話をする事にした。

お店について、ワインを飲みまくって、
私は整理出来ずじまいの胸の内を吐露して
思いっきり号泣してしまった。
泣いたってどうにもならないのに。

ミカちゃんはまさかの展開に驚き、言葉を失っていた。

「そっか…そんなに似てるんだ…
ていうか…慶さんはどういうつもりなのかな。
『そういう』人じゃないと思うんだけどな。
頼れるみんなの兄貴分って感じだし頭いいしさ。」

「多分さ、慶ちゃん私の事妹みたく思ってくれてるんだと思うんよ。
仕方ねーなぁ、何かあったら俺を頼れよって。
そうじゃなきゃ、理解不能すぎるもん。
だけど、そういう1つ1つの優しさが、
大好きだった彼に全てダブって見えはじめてしまって…」


私の肩で慶ちゃんが眠ってしまった事
手を繋いだ事
その手が温かくて頼もしかった事
一緒にいたかったと言われた事

その全てが、あの頃の記憶とダブる。

しばらくミカちゃんとこの件について話して
その後話題を変えると私のケータイが鳴った。

別の店にいた慶ちゃんだった。
私とミカちゃんがKさんのお店にいることを知って、自分も行くと言い出した。
程なくして、彼はお店にやってきた。

私は、右斜め前に座る慶ちゃんの方を直視することができなかった。
気まずさ、恥ずかしさ、意味のわからない感情への苛立ち、後ろめたさ、
いろんな感情がグルグル回ってた。

私は半ばうつむき加減のまま、その場にいた。
時間にして、30分以上。

ミカちゃんがお手洗いに立ってすぐに
慶ちゃんが突如「あっ!」と声をあげた。

私は驚いて思わず慶ちゃんの方を見ると
彼は思いっきりあたしの目を見てた。

「やっと目ぇ合わせてくれたな。」

何だか心の中を見透かされた気がしてかなり焦った。
「そう?さっきから何度も目が合った気がしてたけど」
「いや、全然。」

そんなやり取りをしてる中でミカちゃんが戻ってきてくれた。
話を始める2人の声もあまり耳に入ってこない。

大好きな友達が、大好きだった男性に見えてしまう。
どうしても、何をしても。
姿形が同じだけならまだしも
彼の一挙手一投足が不思議なほどに似すぎていて。

頭の中グチャグチャで、私は大号泣してしまった。

慶ちゃんはびっくりして
「はぁ!?結愛何泣いてんの!?
マジ意味わかんねーよ!」

なんて慌てふためいて
それをミカちゃんが
「女は色々あんのよ。」
って言ってくれて。

その後、外の空気を吸ってくるって店を出て落ち着きを取り戻した私は
努めて「普通」に振舞った。
たくさん話して、笑って、お酒飲んで
痛くなる胸を必死にガマンして慶ちゃんの顔もちゃんと見て。

そうやって夜は更けてって
次の店に行くミカちゃんとKさんと別れて
私と慶ちゃんは並んで歩いて帰る事になった。

2人になった途端、どうしたらいいのかわからなくなってしまって
そんな私に彼もさすがに気付いて
ひたすら沈黙が続いた。

いつもにも増して、帰り道が長く感じた。



テーマ : せつない。さびしい。恋しくて。
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: お礼
>>鍵コメさんへ
こちらこそ長々と書いてしまってごめんなさい(苦笑)
コメ気にされないでくださいね。
見てくださるだけでも本当ありがたいことなので。

> 実話とは思えない展開にはらはらしてます。
実は以前別でブログやってましたが、そのときも同じ事言われました(笑)
何でしょうねー?
私も穏やかに過ごしたいんですけど、そういうオーラ出てるのかなw

時間に余裕ができたらそちらにも伺ってちゃんと読ませていただきます。
本当にありがとう。
プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。