スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虚しい朝。
☆前回の続きです☆

朝早くに目が覚めて真っ先に、すぐそばにある彼の顔を見て
前日の事を思い出した。

仕事もあるし、家に帰ってお風呂入らなきゃ。
頭スッキリさせないと、仕事にならない。

起き上がろうとして気付いた。
彼は一晩中、右腕で私に腕枕してくれてたって事。

少し体を動かすと、彼も起きてしまった。
「…どうした?」
「いや…家に帰ろうと思って。」
「…何時?」
「6:38」
「…もう少し大丈夫でしょ…」
彼はそう言いながら私を抱きしめる。

クリックで応援してください↓

... Read more ▼
普通に考えて、これって友達同士のすることじゃないよね。

頭の中はぐちゃぐちゃで私は慶ちゃんに抱きしめられたままぼーっとしていた。
そのまま30分近くが経過した。
もう帰らなきゃ。
慶ちゃんにはお手洗いだと言ってベッドから出て、
寝息を立てる彼を残して部屋を出た。

とてもとても寒い朝だった。

それが、さっきまで感じていた慶ちゃんのぬくもりを思い出させた。
同時に、あぁ、これが現実なんだよねって
何だか心にぽっかり穴があいたような、虚しい気持ちさえして。

寂しい。
寂しい。
寂しい。

ただそれだけだった。
不思議と罪悪感とか後ろめたさは感じなくて。
昔の私なら、自分がそこにいたことさえ後悔して思い悩んでたはずなのに。

私も随分、感覚が麻痺してしまったんだな。
この数年、色々あり過ぎて、悪を悪と思わなくなってしまったのかもしれない。
こんな変化受け入れたくないけれど、私はもうキレイな心は持ってないのかも。

慶ちゃんとのこれからは、もう全く見えなくなった気がした。
私が大人でい続ければ、慶ちゃんとはきっとずっと大の仲良しでいられる。
ほんの少し距離を置いて、2~3日でいい
冷静になってちゃんと考えればきっと大丈夫なはず。

だけど。

それまでも毎日一緒にいた私と慶ちゃんだから周囲も何も考えずに、
結果私も慶ちゃんも同じ飲みの席に呼ばれて
私たちはこの日の夜、再び隣にいる事になった。

そして、この夜
私と慶ちゃんの関係は明らかに
友達同士ではなくなってしまった。


テーマ : 胸が苦しくて、
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

ここまで一気に読んで…。

ごめんね、すっごい的外れかもだけど
結愛ちゃん文章うまいなあ、って改めて思ってしまった。

結愛ちゃんの事はもちろん知ってるし、
慶さんのことも直接お会いしたことはないけど
ふたりの共通の友達がかぶりまくりだから
どんなお人か、回りにどんな人が集っていて、
飲兵衛連合の飲みがどんなにすさまじいか(笑)、
そう言うのもなんとなく想像がつく。

だけどね、実際見てるわけじゃないのに
ここを読んでいると、ふたりの関係が変化していくこと、
団体⇒二人きりで過ごす経緯のこと
そう言うことまでものすごくリアルに伝わってくるのね。

結愛ちゃんが慶さんのおうちから自宅に帰るまでの
ゆめから現実に引き戻されるあの感覚とか
すごいよくわかるし。

だからこそ、今回の件についてここで読む前に
結愛ちゃんのお話を聞いてる身としては
結愛ちゃんの心模様と実際起きてる出来事が
今、ちゃんと符合されてきてるから
余計に複雑だったり、どきどきしたり、
結愛ちゃんの苦悩とか涙とかが見えるような気がして。
Re: タイトルなし
>>KAZUSA
いやいや!そんなこと無いよぅ。恐縮です。

ただ、正直日が経過してるから、記憶を一個一個つなぎ合わせて書いてるの。
だから多分、印象深い記憶を文章化してる分、伝わるものもあるのかなぁって。

逆に私の事をリアルに知っていて、そして彼の事も人づてやネット上で知っているKAZUSAが理解しようとしてくれることは、とてもありがたいことです。

まだまだ途中経過しかかけてないし、これからもっといろんな事を書かないといけなくなるけれどまた読んでみてね。
とりあえず今夜から出張なのでまた日が開くと思いますが。
プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。