スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発覚。
それはある日の夜の事。

急遽仲間内で「飲み会やろう!」という話になって
ミカちゃんや翔子ちゃんはじめ、いつものメンバーが10人ほど大終結。

そしてその2次会のお店での出来事だった。


クリックで応援してください↓

... Read more ▼

何度もかかってくる電話のたびに
慶ちゃんは席を外して店の外へ行く。
相手は奥さん。
そして戻ってくるたびにとても不機嫌というか考え込んだというか
微妙な表情になっていた。

私はその原因が全くわからずに軽いノリで聞いてしまった。
「聞いたよ。
昨日バー行ってた時、電話で奥さんとケンカしてたって。
大丈夫なの?」


最初何かとごまかそうとしていた彼だったけど
遂に決定的な一言を私に告げた。

「実はさ
嫁が、気付いてしまったんだ。
おまえがうちに来ていた事
。」


頭を殴られたような衝撃が走った。

「俺もうっかりだったんだけどさ
おまえが捨ててったゴミの中に、コットンが混ざってた。
それを嫁が見つけてしまった。」




…!



そうだ
あの日は確か3時ごろまで一緒に飲んでて
2人ともかなり酔っ払っててフラフラしてて
だから何も考えずにゴミ捨てて
そのままあの部屋をあとにしたんだ。

「だから嫁は今相当な不信感と不安感に襲われてて
俺に連絡を取り続けないと精神的に辛いみたいで。」



私のせいだ…
私のせいで、奥さんをすごく傷つけてしまった。


ごめんなさい。
ごめんなさい。


それまで私はいろんな言い訳を考えて
自分たちの行いを正当化しようとしていたんだ。

だけど
たとえ一線は越えなくても、私のした事は十分な裏切りだ。

もっと早く、現実だけを見据えるべきだった。
自分の勝手な気持ちだけで、全く非のない人を傷つけてしまったんだ。

あの笑顔の奥さんが、1人東京で泣いているだろう事
想像を絶するような不安に陥れてしまった事
それを思うだけでも体が震えた。

慶ちゃんは私の隣にいて
「そんな顔するなよ。大丈夫だから。」
そういって優しい顔をする。

その言葉は、
「俺たち夫婦は、そんな事じゃ揺るがないよ」
というふうにも聞こえたし
「俺と結愛のこの関係は、間違いなんかじゃない」
というふうにも聞こえた。

慶ちゃんの気持ちだけが、どうしても見えなかった。


そして様子のおかしい私にミカちゃんが気付いて
私は店の外に連れ出された。
そこで事の顛末を打ち明けた。

「あんたねぇ!女はそういうの敏感なのに…そんな初歩的なミスするなんて!
ていうかね…奥さんは、相手をある程度特定してると思うの。
少なくとも、あんたか翔子のどっちかだと思ってる。
もうやめなよ。
モトカレのこと好きだろうが何だろうが、もうやめなきゃダメだって。」



店内に戻った私は、ひたすら慶ちゃんに謝った。
この日だけは、慶ちゃんに奥さんを重ねて謝った。
直接謝罪なんて出来るわけのない奥さんに。

やっぱり慶ちゃんは笑ってた。
だけど、慶ちゃんのそんな笑顔を見る事が出来たのは、
今のところその日が最後になった。


テーマ : 胸が苦しくて、
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。