スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
壊したくない関係。
好きな人がいて
でも付き合っているわけではない。
単なる片想い。

こういう状態の時って
何をしても自由だと言われるけれど
本当にそうなのかなぁと最近思い悩む事があります。

例えば好きな人がいるけれど、他の男の人と2人で逢う事
友達としてなら問題ないかもしれないけれど
相手に「そういう気持ち」があるとわかっている場合とか

考えれば考えるほどエンドレスループにはまってしまう。


ランキング参加中☆
続きに行く前にぜひ応援クリックしてください!

... Read more ▼

以前、運命の人からもらった指輪を外した時の事を書いたけれど
この時私に指輪を外すように言ってくれた
行きつけのバーのスタッフ、Tくん。

彼とは歳が近い事とか(Tくんが1つ年下です)
お互いの経験が似ている事とかがあって
1人の客と店員さんという垣根を越えて、本当に何でも話せて
一緒に飲みながらふざけたり笑ったりできるような関係になりました。

昨日そのTくんが勤めるお店を借りて
友達とパーティをしたんだけど
営業時間外なのに店長とTくんは立会いで早めにお店を開けてくれました。
(残りのスタッフさんたちはいつもどおり22時頃来ました)

私たちは超大盛り上がりになって
Tくんも仲間に入れて大騒ぎ。
Tくんは店員さんの中でも1番若いのに、妙な落ち着きもあり
でもみんなと楽しむ事も忘れないノリの良さもあって。
だから私の友達もみんな大好き。

そんなこんなで昨日はいつもにも増してTくんも飲みまくっていて
普段よりも饒舌になっていました。

カウンターの中でTくんと2人になる機会があって
その時に最近鍵付で書いている事なんかを色々と聞かれた。
私の話を聞くとTくんは
「俺はそいつやめた方がいいと思うけどなぁ。
本当に結愛ちゃんの事好きなら、変に不安な想いさせるような事しないし
もしこれから一緒にいる事になったとしても結愛ちゃん度々不安になる事が出てくるかもしれない。」

そんなふうに言った。

「結愛ちゃん、何か男運ないよね(苦笑)
いや、気持ちを否定するわけじゃないんだけどさ
結愛ちゃんみたいな超いい子が何で幸せになれないのか
俺は理解できんね。」

「ウケるwあたしそんないい子じゃないよ(笑)」
「いやいや、めっちゃいい子やん。
すっごい性格いいしさ、モテるやろ。」

「モテんし!モテてたら今頃普通に彼氏おるし!
ていうか何?そんな褒めても何も出らんよ?(笑)」

「本気でそう思うから言ってんの!
最初に結愛ちゃんがうちの店来てくれた時も
一緒に来てる人たちにも気を使って、俺たちにも気を使ってくれて
よぉ笑ういい子だなと思ってたもん。
俺結愛ちゃんには絶対に幸せな人生歩んで欲しいと思ってるよ。
1人の人間として心からそう思う。」

「うん…ありがとう。
でも、Tくん今日飲みすぎとるんやない?
何かいつもと違いすぎ。」

「前から思ってたけど言ってなかっただけ。
結愛ちゃんいっつも誰かと一緒やから言う機会がなくて。
でも今日は2人っきりになれたから他の人に聞かれる事ないし。」

「そっか…でもなぁ何か恥ずかしいよ、そこまで言われちゃうと
何か逆に申し訳ない(笑)
そんなに私出来た人じゃないもん。」

「いやマジで。俺結愛ちゃんみたいな子いいと思うよ。
ねぇ、今度飯食いに行かない?」

「は…?」
「いや、『は?』じゃなくて
今度一緒にご飯食べに行こうよ。」

「え…私!?」
「だよ。美味しいホルモンのお店があってね
結愛ちゃんホルモン好きって言ってたから。」

「あー…うん…」
「うわ今の微妙な間、ショック!俺何か今フラれた感じ?」
「いやいやいや」
「じゃあ行こう!
結愛ちゃんって日曜休みだよね?
ちょっと俺もう1つの仕事(美容室)の都合とかもあるけん、
予定確認したらまた電話するわ。

あとさ、花火行かない?」

「花火って花火大会?」
「そう。M市のやつ俺行ってみたいんだよね。」
「M市とか超遠いじゃんw市内じゃないのね。」
「だって俺日曜だけだもん、毎週決まって休めるの。
今年日曜日にある大きめの花火大会ってM市しかないったい。
俺車あるからとりあえず車で行けばいいしさ。」


これ以上話に乗っかるのは何だか悪い気がして
私は自然と話題を逸らそうとした。

「車持ってんだー。車何乗ってるの?」
「フィット。」
「あ、あたしの営業車と一緒(笑)」
「何、今バカにしたよね?」
「してないしてない(笑)何色?」
「黒。」
「あ、あたしの営業車シルバーだから違うしね」
「色違っても同じフィットやん(笑)」

こうしてTくんとははっきりとした約束もしないまま
話も中途半端になってしまったけれど

最後お店を出るときに私たちを見送ってくれたTくんは
みんなに「ありがとうございました」と頭を下げた。
そして私たちがお店から少し遠ざかったあたりで

「結愛ちゃんまたね!」

と私にだけ大きな声でそう言った。

Tくんは大事な友達。
知り合いも友達も全くいなかったこの街で
心から何でも話せる大切な存在。

今の関係はできるなら崩したくないんだけどな…


テーマ : 大切な人。
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

初めまして。
同じ様な境遇で、壊したくなかった関係から今付き合いが始まってる私達です。
友達の頃が長すぎてふたりになるとギクシャクしてます。。。
明らかに違う態度の彼に戸惑うばかりです;
気心知れた友達だからうまく行くのかいかないのか・・・。模索中です・・・。

恋愛って難しいですねぇ。
ではでは。
はじめまして^^
こんにちは^^

それ、わかります!!
なんか、付き合ってないのに散弾銃方式もどうかなー、とか思うんですよね♪笑
ここはマジメに一発でバキュンといきたいところだけれど、わたしみたいなのはストックばっかりためこんでしまうだらしない感じになってしまいます。。。死

本当の友達なら恋愛応援してくれる
か、
本当の友達だから傷つかないよう守ってくれる
どっちか...
これも行き着くところが無いエンドレスループですよね^^;
Re: タイトルなし
>>小町さん
はじめまして。コメントありがとうございます☆

彼氏さんとは付き合い始めたばかりなんですか???
最初は戸惑う事もあるかもしれないけど、そんな戸惑いすら愛おしく思えることってないですか?
何か恥ずかしいけど嬉しいみたいな♪

私とTくんは2ヶ月前くらいに知り合ったばかりですが、私と友達が異常なほどお店の常連なのでめちゃ仲良しです。
お店が開店準備中でも入ることを許されている数少ない客になりあがってしまいました(笑)
ここに書けていない事が色々とあるので、私がTくんと付き合う事はほぼないと思います。。

この友達関係を壊さずに、彼を傷つけない方法があるのなら誰か教えて欲しいくらいです。
Re: はじめまして^^
>>W★Jさんへ
はじめまして。コメントありがとうございます。

てか散弾銃(笑)
言い得て妙!ですね。
ストック溜め込めるなんてすごいw

どうなんでしょうね。
Tくんからはっきりした言葉を聞いたわけではなくあくまでも2人でお店の外で逢う事を提案されたレベルだとは思うので…
でも田舎だし誰に見られるかわからないですからね。
Tくんの真意も気になるところです。
プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。