スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これでいいの…?
日曜日の朝、Tくんの勤めるお店を友達と一緒に出た。
時刻は朝6時過ぎ。

酔っ払ってるはずなのに
Tくんの言葉が頭の中に響いてしまって。

急すぎるし、
いや別に告られたわけでも何でもないけど
店員さんとお客さん。
仲のいいお友達。
そんな関係でもこういう言葉って普通に男の人は言えるものなんだろうか。

でもTくん言ってたもんなぁ…
ご飯食べに行くお店、オーナーと知り合いだって。
花火大会に誘ってくれた町は小さな漁村の田舎町。
知り合いに逢う可能性も高いと思う。

そういう場所に、私を連れて行く、ってことなんだよね…

ランキング参加中☆
続きに行く前にぜひ応援クリックしてください!



... Read more ▼
昨日の夜の事。
仲良しの友達ミカちゃんから飲みに行こうってメール。
場所は…Tくんの勤めるいつものお店。
私は仕事を終えてそのままお店に向かった。

お店に着くと、まだ「準備中」の看板。
でも私とかミカちゃんとか何人かの友達は超常連という事でオーナーから
「準備中でも入っていいよ」
と許しをもらっている。

いつもオーナーと誰かの2人で開店準備をしてる事が多くって
私は躊躇せずドアを開けようとした。
その時扉が向こう側から勢いよく開いて
危うくぶつかろうとしたところを避けた。

ドアを開けたのはTくんだった。
「うわっ!ビックリした!
ていうか当たらなかった???」

大丈夫だよ、と言いながら目も合わせられない私に
Tくんは中に入るように言ってくれた。

中に入ってオーナーに挨拶しようとしたんだけど誰もいない。
「ねぇ今日Hさん(オーナー)は?」
「Hさん遅れてくるから俺1人で準備なの。
っつーか開店も俺1人だけど(笑)」


そんな時ミカちゃんからメールが来た。
「今日お店22時半開店らしいよ。
ていうかごめん、あたしたち遅れる!
23時ごろにしか行けなさそう。」

えっ…
つまり私とTくんは、誰かお客さんが来るまで2人っきりって事?

「結愛ちゃん、トマト好き?」
「ん?好きだけど」
「OK!
ていうかどうせミカさん来たらまためっちゃ飲むんやろ。
とりあえず水にしとく?」

「ありがと。」
「座ってテレビでも見てて。すぐに軽く食べ物出すから。」

Tくんはお店の開店準備をテキパキと進めていく。
そして厨房にしばらくこもった後、トマトとキュウリとズッキーニのサラダを作ってきてくれた。
Tくん、元々この街で人気のフランス料理のカフェで料理を作ってたからすっごい料理が上手。
今のお店の料理は全てTくんが作ったもの。

カウンタ席には私1人。
その隣にTくんは立ってる。
表の看板はまだ準備中だから誰も入ってこない。

「テレビでも見てようよ。
まだ店開けないし。」

そう言ってTくんはチャンネルを「しゃべくり007」にした。

お酒も飲まずに2人でテレビ見ながら笑ったり色々と突っ込み入れたり。
何か変な感じだった。気まずいとは違うけれど。

テレビ見ながらいろんな話をした。
高校時代のこと、出身地のこと、靴のサイズ。
そういえば今までこういう話ってした事がなかったな…

Tくんは時計に目を落とすと、表の看板を「営業中」に変えに行った。

そして話は急に、この前の続きになった。
「この前俺が言った事覚えてるの?」
「ていうか自分こそ覚えてるの?絶対酔っ払ってたやろ?」
「俺記憶なくさないし…ちゃんと覚えてるよ。
ご飯行こうって言った事、それからM市のお祭りの事。
でも、あれは約束だったんかなって思って…
だけんちゃんと約束しようと思っとるんやけど。」

「約束…」
「ご飯はさ、10日過ぎてからでもいいかな?
それまではちょっと俺都合がつかなさそうで。
あと、8月2日(花火大会の日)はちゃんと空けておいてね。」


雑居ビルの中のレストランバーで2人っきり
すぐ隣でそんなふうに言われちゃったら…

すると私が返事をする前に、1組のカップルのお客さんが入ってきた。
Tくんは私に小さな声で「ちょっとごめん」と言うと、お客さんの接客に入っていった。

その後ミカちゃんたちがやってきて、オーナーが遅れて何故かマックのポテトを持ってきて(笑)
他のお客さんたちも入り始め、他のスタッフさんたちもやってきて

ある程度接客の落ち着いたTくんは、ケータイのメール画面で
「約束だよ」
と打って見せてきた。
私はそのケータイを受け取って、ちょっと迷ったけれど
「うん、わかった。」
そう打ってカウンターの中のTくんに差し出した。

これでいいのかな。
Tくんの気持ちはよくわからないんだけど。
無下に断る理由もないし、こんな事で傷つけたくもないし…

どうすればいいのかな。
Tくんは、私に好きな人がいる事も、鍵付記事で書いてる内容も全て知ってるはずなのにな。

結局何だかんだで深酒しすぎてフラフラになった私を
Tくんは営業時間中なのに家まで送ってくれました。

本当にいい人なんだよね。
いい友達で、何でも話せる人だから。

傷つけたくないし、ずっとこのまま仲良しでいたいのに。

テーマ : 複雑な心。
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
>>鍵コメちゃんへ
> 「気にせずノリであそんじゃぇー(←ただ遊ぶくらいいいじゃんて意味)」
たしかにこりゃ無理です…

結局自分の気持ちに正直に。
これに尽きると思うんだけどね、誰が相手であっても。
自分がこの人と一緒にいたい、話がしたいと思ったらその人なんだよね。
でも今はまだ見極めの時期なんだと思う。

このわずか数日間でまた変化があったので
これからちょっとずつ書こうと思います。
プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。