スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やきもちやき。
☆前々々回の続きです☆(笑)

店に入ると哲哉くんは買ってきた食材を冷蔵庫にしまったり
トイレットペーパーをしまったり。

私はカウンターに残したままだったミカちゃんに
事の顛末を説明した。

あの時のミカちゃんの嬉しそうな顔、今でも忘れられない。
「ふーん。本当に世話が焼ける2人だわ。
まぁでもちゃんと話しなきゃね。
まだ中途半端だあんたたちは。」


その後ミキコちゃんやせいちゃんもやってきて
私はこれまでの経過を説明した。

「結愛ちゃん、自分から告白とかした事もないのに
いきなりそんなことしちゃったの!?(笑)」

ミキコちゃんは私が強引にキスした話を聞いて大笑い。

ランキング参加中☆
続きに行く前にぜひ応援クリックしてください!

... Read more ▼
その後哲哉くんは私たちの座っているところに来て
話の輪に加わった。
そしてこんな事を言った。
「結愛ちゃん、自分から告った事とかないって言ってたじゃん。
でもたしか前に一度、まだ付き合ってない時に
自分からキスしちゃった事があるって言ってたよね?」

「あー何か聞いたかも」
「いやでもそれはもう付き合うんだろうなってわかってた時期で」
「だったら尚更、付き合うかどうかの話まで至ってない状態で
キスしてもらえたっていうのはかなりすごいことじゃね?」

「おまえ顔がスケベ顔になってんぞ(笑)」
「いやなってないでしょ!(汗)」

哲哉くんの嬉しそうな顔を見てたら、
あぁ本当にすごく好きでいてくれてるんだなぁと思う。

こういう仕事をしている人たちを一括りに見てはいけないんだろうけど
それなりに飲み歩いてるとさ、見ちゃうんだよね。
いわゆる枕営業的な人たちも。
お客さんを繋ぎ止めておくために擬似恋愛を持ち込んで
いろんな人に声をかけて、体の関係を持って…

でも哲哉くんの場合そうじゃないんだろうなと思う。
何より付き合いの長いせいちゃんやミカちゃんがそこは保障してくれてるし
夜は日曜日以外ずっとここにいるし
昼間はSちゃんとこの美容室にいるし
そんなことができる暇がまずないしね。
そして何よりケータイ持ってないから無理だろうし。

時間が遅くなるにつれ、お客さんが徐々に入り始めた。
哲哉くんは厨房で料理を作っては、空いた時間に接客に入って大忙し。

料理を運びながら私の横を通る度に
私をつついたりちょっかい出してくる。
見た目も態度も話す内容も大人びててまるで年上なんだけど
こういう時に、あぁ年下なんだよなーと思わされる。

翌日仕事の私は、3時頃帰るために手の空いていたNくんに
チェックをお願いしに行った。
その時にNくんから
「結愛ちゃん、哲哉と何かあった?」
と鋭い指摘を受けて、私はそれを必死に否定した。
さすがに従業員さんたちにバレるのはどうなんだろうと。
そこでしばらくNくんとやり取りをしていたんだけど
気付いたら遠くの方からミカちゃんと哲哉くんがすっごい目でこっちを見てる。

Nくんとの話を終えて席に戻るとミカちゃんが
「あんたNと話長すぎ!」
と相当上から見下してご立腹。
それを横で聞いていた哲哉くんは
「ミカさん、もっと言ってやって。
『この浮気女がー!』って。」

そんな事を言って私の二の腕を掴んでふざけてる。

哲哉くんとミカちゃんって感覚も性格もまるかぶりだから
怒るポイントもへこむポイントも全く同じ。
「あのね!あんた最初に言っとくけどね!
他の男と話をしてるの目の前で見せられたら哲哉はすっごい悲しくなるの!」

「えぇぇ!?だってNくん店員さんじゃん。」
「関係ねーよ。NさんだろうがSさんだろうが
他のお客さんだろうが俺の目の前でそういう事しない!」

「あー…うん。気をつける(笑)」
「それと!ケータイぱかぱかしない!」
「ケータイも!?」
「だよ。俺もさっきから気になってた。
誰とメールしてんのか知らんけどね。
どうせ男とメールしてんだろって思っちゃうしさ」

「いやいや、こんな時間にメールしたら普通は迷惑だって。
普通にmixiとかGREEとか見てるだけで」

「そんなんわかんないじゃん。
俺を不安にさせて楽しいのか(-_-)」

「そうそう、変な誤解を生むようなことはしない!
ってことでここにいる間はケータイぱかぱか禁止ね。」

「マジで!?
…うーん…頑張る(苦笑)」


これは…何かと大変そう(笑)
まさか哲哉くんがそんなにやきもち焼きだったなんて。
そういう人と付き合った事ないから、
慣れるまでは大変かもしれないなー。

「ごめん、私明日また仕事やけんそろそろ帰るね。」
「あ、送ってくよ。」
「いや仕事中でしょ?」
「結愛ちゃんち近いから大丈夫だよ。」

哲哉くんは周りにバレないように先にお店を出る。
私はみんなにバイバイを言ってお店を出ると、哲哉くんが待っててくれた。

すぐ近くの私の家まで、ちょっとだけ話をしながら帰る事にした。


テーマ : しあわせな時間
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。