スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天邪鬼。
☆前回の続きです☆

お店を出てしばらく行ったところで
哲哉くんは自然な流れで私の手を握った。

大きな大きな手。
初めて手を繋いだ日。

あぁ、これって気持ちが通じ合った証拠なんだな
そんな安堵感に思わず顔がほころぶ。

時刻は既に午前3時を回っていたけれど
ちっともきつくなんてなかったよ。

ランキング参加中☆
続きに行く前にぜひ応援クリックしてください!

... Read more ▼
でもそうやって手を繋いで歩きながら
哲哉くんはとっても不機嫌。

「おまえさぁ、いつか気持ち変わるんだろうな。」
「何?いきなり。
あたし好きになったらよほどじゃないと気持ち変わったりしないんだけど。」

「知ってる。」
「知ってるなら何でそういう事言うの?」
「何でって俺おまえの事信じてねぇもん。」
「は!?何じゃそりゃ。」
「だっておまえどうせ付き合ったって合コンとか行っちゃったり
声かけられたらホイホイついてくんだろ。」

「ちょっとケンカ売ってんの?
好きだって言ってんのに信じてないって超失礼じゃん。」


私はそう言って手を振りほどこうとしたけれど
一切離そうとはしてくれない。

何…これ。

「遠距離なんて続くわけがないんだよ。
結愛ちゃんどうせ来年の春にはここからいなくなる。
そしたらもう俺から手の届かないところで
誰とどこで何をしてるかなんてわからなくなるんだよね。」


そんな事を言いながら哲哉くんは
それでも手を離そうとはしない。

「始まったばっかりでそんな遠距離無理とか言われたらさー
私どうしたらいいわけ?」

「そんなの知らん。
俺には関係ねぇし。
おまえがどう思おうが関係ないね。
ただ俺がすっげぇ好きなんだからそれでいいの。
人間最後に信じられるのは自分自身だけやし。」


あぁ…そういうことか。

ここにはまだ書けそうもないけれど
哲哉くんは数年前に、1番信じてた女性から
ひどい裏切りをされたんだ。
あれから女性を心から信じる事ができなくなってる。

好きだけど信じられない。
何て悲しい事。

信じてもらえない私も辛いけど、
信じたくても信じられない哲哉くんがきっと1番辛いんだろうね。

もう私は彼の棘のある言葉に一々反応するのをやめた。

私のマンションに着くと哲哉くんはさっきまで怒ってた?くせに
「キス…してもいい?」
そんな事を聞いてきた。

それはこの前の時聞く事だよ(笑)と思いながら
私は笑って頷いた。

哲哉くんは穏やかな顔で笑って
そして私に一度優しくキスをした。

唇を離したあと、何だか可笑しくなっちゃって
2人して笑ったままおでことおでこをくっつけて声を出して笑った。

哲哉くんは常々言ってくれていた。
結愛ちゃんの目が好きだって。

だからね…

そんな至近距離で見つめ合っちゃった事で
彼のスイッチが入ってしまいました(笑)

キス激しすぎwww

まぁこんな真夜中にここを通る人なんていないんだろうけど

しばらく哲哉くんにやりたい放題やられた後
彼は私の耳元でこうつぶやいた。
「結愛ちゃんからキスされたい。」

さっきまでの強情っ張りはどこへ行ったのかな。
私からキスしてまた哲哉くんを見て照れ笑い。
そんな私を見て哲哉くんは
「おまえやっぱ可愛いな。」
そう言いながら私の事を抱きしめて、一言
「結愛ちゃんキス上手だ。合格。」
そんな事を言いながら笑った。

結局ちょっと送ってもらうつもりが、
哲哉くんはなかなか帰ろうとせずに
20分以上が経った頃私のケータイに着信が。
ミカちゃんからのメール。
「そろそろ哲哉帰還するように言ってー
捜索が始まりそうー」


私は慌てて哲哉くんにそれを告げると
哲哉くんは
「戻りたくない、ずっとこうしてたい」
って言いながら最後にもう一度キスすると
手を振って走って戻っていった。

哲哉くんの言葉は素直で、でも時に嘘だらけで
それをきちんと見分けて理解していくのは大変だと思ったけれど
あの笑顔を見てしまうと、頑張れるだけ頑張ってみようかなと思えた。

そんな、始まりの日。

テーマ : すき。
ジャンル : 恋愛

Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

結愛-YUE-

Author:結愛-YUE-
これまでの出来事は
コチラ
2010.4.26更新しました。

このブログに出てくる人については
コチラ
2010.3.18整理しました。

since2009.4.5

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
Today
月別アーカイブ
カテゴリ
LoveMusic
PLAYTABLE売れ筋ランキングトップ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
PING
http://ping.blogram.jp/rpc/43797
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。